男女入り乱れてのデリヘル大合戦!

案の定、大人のパーティーも盛んである。
夕刊紙の三行広告の中にも3件の掲載があった。
その中のひとつに電話をかけると、中年と思われる女性が出た。
  「料金は2万5000円で時間は2時間。
その中で2人の女性と遊ぶことができます。
駅に着いたら電話してください。
ウチは20代前半のカワイイコばっかり揃ってますよ」とのことである。
20代前半と聞いて、すでにビンビンになってしまった小生。
期待に胸と股間を膨らませ、西川口へと向かった。
  駅から電話で誘導された先は駅から程近いマンションの一室であった。
入り口で料金を払うと、バスローブを渡され、シャワーを浴びるように言われる。
シャワー後、通されたリビングのソファーには4人の女性が座っていた。
いっせいに私に視線が集中する。
男は小生ひとりなんだから当然か……。
  パーティーと聞いて、男女入り乱れての酒池肉林のドンチャン騒ぎを想像していた小生であったが、実際にはかなり違っていた。
「直接面談して指名できる」というだけの風俗店とでもいおうか……。
当然、女性は淫乱さから男を求めパーティーに参加しているのではなく、主催者に雇われいるアンダーグラウンド版のいわゆるプードルなのである。
少々(というか、かなり)拍子抜けした感もあるが、なにはともあれ、女のコ2大と本番の(メ(メできてしまうのだから、お得なのではないだろうか。
  4人は電話の女性が言っていた通り20代の前半であろう。
そう、歳に関しては偽りはなかったが、「カワイイコばっかり」というところは、かなり現実とは違っていた。

翌日、再び同じ番組で遊んでみる。
昨日の謌IチヤySEX”に昧をしめてしまい、「今日はどのコと遊ぼうかな・」とプロフィールを聞きまくる。
本来の。
会ってヤる″という目的を忘れて、テレホンSEXの相手探しをしてしまう。
「おっと、いけない。
実際に会える相手を探さねば・」と正気を取り戻し、プロフィールを聞く。
その中で、「お互い秘密を守りあえる大人の交際ができる方を探しています。
もし、ヨロシかったらお話ししましょう」という28歳の人妻にアクセス。
  「もしもし、メッセージ聞きました。
僕も遊んでくれる相手を探しているんです」とトーク。
「私は、そんなにキレイじゃないケド、ヨロシイかしら」と彼女。
互いに、今住んでいるトコロや、職業のコト、私生活のコトなどをヤリ取りしあう。
  色々、ぶっちゃけだ話しをしたためか、オイラのコトを安心したらしく、「じゃ、一度お会い匚蚤しょうかり‥」というコトに。
ダンナはあまり家にいなくて、子供もいないため、日中だったら会えるんだと。
でも、携帯とかは持っていないとかで、こちらの携帯だけを教えて、明日の午後3時に新宿で待ち合わせるコトに。